映画を見るのは英語の勉強になるのか

勉強

映画は初心者には勧められない

英語を勉強される方の中には多くの方が、映画を英語のまま理解したい、という気持ちを持っています。でも映画って意外と難しいんです。何故なら早口でスラングが多く、上級者でも聞き取りが困難なものが多いからなんです。その結果、多くの場合は日本語字幕を読むだけになってしまいますが、この場合、英語力は殆ど伸びません。英語字幕で見るならそれなりに英語の勉強になりますが、初級レベルではそれも難しいでしょう。これは実際に研究された方がいらっしゃいます。

実は英語の勉強のために2年間毎日映画を見続けた者が身近におります。
当時英検2級で簡単な会話なら出来ていたので、中級者レベルだった筈です。ところが、彼は大失敗だったと言っています。何故なら、殆ど聞き取れないので日本語字幕ばかり読むことになり、2年たっても英語の上達にイマイチ貢献しなかったそうです。途中で字幕を消したりもしたそうですが、今度は話が全くわからなくなって挫折したそうです。これは上記の研究結果と同じです。

もしどうしても映画を教材として使いたいと言うのであれば、ディズニーのCGアニメなんかで英語字幕を出して見ることをお勧めします。それで途中わからない所があっても楽しめて見れたのなら、英語の勉強としての効果はあったと判断できるので、続けるべきでしょう。もし途中で話が分からなくなって映画が楽しめなかったら、それはまだ早いということです。

でもだからといって、映画を見るなという意味ではないですよ。
英語の映画を見るのは良い意味で刺激になりますから。ただ自分のレベルに合わない勉強法を続けても身につかないので、勉強として見るのはやめたほうが良いということです。趣味なら辞める理由はまったくありません。

そんなわけで、映画で英語の勉強をするのはせめて中級者レベルになってからの方が良いと思います。

Yasu

英会話カーディム講師。元外資系エンジニアでMBA保持。英語の体系に詳しく、日本人が効率良く英語を習得する方法を日々研究しています。楽しく分かりやすい授業がモットーです。初心者でお困りの方は是非お越し下さい。(^^)

英会話カーディム