【辞書より分かる】indeed の意味と使い方

基本単語
最新記事

初めに

最近CMで、「~探しはインディード~♪」というのをよく聞くようになりました。

このインディード、英語では indeed と書き、よく使う英単語です。

でも使いこなそうとすると、実はなかなか癖のある英単語なのです。

【初級編】 indeed の意味と使い方

まずは基本的な意味と使い方です。

indeed の意味は「実に」とか「本当に」という意味で、「ある事柄を強調」するのが役目です。

まず、簡単な例文を出します。

Indeed, he is a good teacher.
「実に」彼は良い先生だ。

使い方1】文頭の indeed

indeed は文頭に置いて、文を強調することが出来ます。

ちょっと硬い言い方になりますけどね。

他にも例を出します。

Indeed, the dinner was good.
「実に」その夕食は良かった。

Indeed, her song is wonderful.
「実に」彼女の歌は素晴らしい。

文の頭に indeed を置くだけなので、簡単に使えますね。

これが一番簡単な使い方ですので、ここから使い始めるの良いでしょう。

さて、上記の例文は実は言い換えが可能です。こうなります。

He is a good teacher indeed.
彼は良い先生だ、「実に」。

使い方2】文末の indeed

そうなんです、文頭だけでなく、文末に置くことも出来るのです。

The dinner was good indeed.
その夕食は良かった、「実に」。

Her song is wonderful indeed.
彼女の歌は素晴らしい、「実に」。

文頭と文末に置けるとは、使い方が簡単で良いですね。

★ 英語学習に困ったら当校、初心者専門英会話カーディムをご検討下さい。

【中級編】indeed の意味と使い方

では、文の中には置けるのでしょうか。

もちろんできます。ただ難易度が少し上がりますよ。

使い方3】文中の indeed

最初の例文はこうなります。

He is indeed a good teacher.
彼は「実に」良い先生だ。

indeed を置く場所に迷いますね。Be動詞の後です。

だから他の例文はこうなります。

The dinner was indeed good .
その夕食は「実に」良かった。

Her song is indeed wonderful.
彼女の歌は「実に」素晴らしい。

Be動詞ではなく、一般動詞での使い方も気になりますね。

でもちょっと難しいので上級編で説明します。


さて、話変わって indeed にはもうひとつよく出る使い方があります。

使い方4】返事の indeed

実は indeed には Yes を強調する使い方があります。

Is he a good teacher? / Yes, indeed.
彼は良い先生ですか? はい、「実に」。

とりあえず、Yes, indeed と覚えておけば良いでしょう。

強調する時なら、いつでも使えるので、結構便利です。

Does your mother know him? / Yes, indeed.
君のお母さんは彼を知っていますか? ええ、「本当に」。

本来ならこの文は、Yes, she does. と答えるべきですが、主語が he なのか she なのか考えねばならず、また、do なのか does なのかも一瞬迷います。ここは初心者の頃には特に混乱しやすい部分です。

だから代わりに Yes, indeed. と言えば、主語や動詞、時制を何も考えなくて良いのです。

ちなみに語順を逆にする事も出来ます。

Indeed, yes.
「実に」その通りです。

もちろん使って良いのは、強調するときだけですよ。

いつでも Yes, indeed. とばかり答えると、毎回強調し過ぎてしまうので、変な人だと思われてしまいます。

Yes の代わりの indeed

更に、実は indeed は yes の代わりに使えてしまうのです。

だから先程の質問と答はこういうのも可能です。

Does your mother know him? / Indeed, she does.
君のお母さんは彼を知っていますか? 「本当に」そう。


さて、ここまでなら割と簡単に理解できたのではないでしょうか?

ただここから厄介な所に踏み込んでいきます。

★ 英語学習に困ったら当校、初心者専門英会話カーディムをご検討下さい。

【上級編】indeed の意味と使い方

まずは一般動詞と使う indeed ですね。

使い方5】一般動詞と使う indeed

一般動詞で indeed を使う時、厄介な問題が起きます。例を出しますね。

I do indeed believe her.
私は彼女を「本当に」信じている。

実は、indeed を一般動詞と一緒に使う時は、助動詞が必要なのです。

というか、indeed はBe動詞か助動詞の後に置く、というのが基本形なのです。

どうですか? これは本当にややこしいのです。

最初から助動詞が要るならもっと簡単ですけどね。

He will indeed come here tomorrow.
彼は明日「本当に」ここに来ます。

こんな具合です。

でも一般動詞の場合はわざわざ do とか does とか入れて、かつ動詞を原形にするとか必要なのでかなり厄介なのです。

だからこのパターンは、最初は読めるだけにして、自分からは積極的には使わないほうが良いでしょう。

使い方6】イギリス英語の indeed

実は、イギリス英語では indeed をアメリカ英語以上によく使います。

以下はイギリス英語で出てくるパターンです。

very の強調の indeed

very ~ indeed という形を取ります。

He is a very good teacher indeed.
彼は良い先生です、「実に」。

She swims very fast indeed.
彼女は泳ぐのがとても速い、「実に」。

なんか、くどいですね(笑)

こんなのもあります。

Thank you very much indeed.
本当にありがとう、「本当に」。

日本人にとって very は簡単な単語なので、普通の very の文末に indeed をつけるだけで良いので、使いやすいと言えば使いやすいのですけどね。

indeed を使ったフレーズ

ここでは、indeed を使った構文とことわざを紹介します。

indeed – but 構文

「確かに~だけれども、しかし~だ。」という意味です。

Indeed he is young, but he knows a lot of things.
確かに彼は若い、 しかし彼は多くのことを知っている。

実はこの文は少々硬い文なので、口語ではこう言います。

It is true that he is young, but he knows a lot of things.

(ことわざ)A friend in need is a friend indeed.

「まさかの時の友こそ真の友。」

in need と indeed で韻を踏んでますね。

in need は「困っている」という意味なので、間違えて、「困っている友は本当の友」と訳しそうになるので気をつけて下さい。

韻を踏むために文法が変形しています。このまま覚えるのが良いでしょうね。

【英語オタク編】indeed の周辺知識

英語にちょっと詳しい人なら indeed が in と deed とくっついた単語ということは想像できるでしょう。

そして deed というのは「行為」という意味ですが、実は deed の動詞形が do というのはご存知でしょうか?

だから do と deed は動詞と名詞の関係なんです。だから sing と song の関係と同じなのです。

もっとも普段の会話では deed なんて硬い単語あまり使いませんけどね。

そして deed が「行為」という意味なので、in deed で「行為において」という意味になり、「実際に」という意味になるわけです。

だから他の単語で置き換えると、in fact や in reality と似た意味になり、実際それらと置き換え可能のときも多いです。

昔は1600年頃まで、in deed と記述していたので、実は強調形は in very deed と very が中に入ってくる形もあるのです。

これも現在では使われているのをあまり見かけませんけどね。

説明は以上です。

★ 英語学習に困ったら当校、初心者専門英会話カーディムをご検討下さい。

タイトルとURLをコピーしました