ワーキングホリデーに行っても英語はあまり伸びないよ(^^;

勉強

これは周囲を見ての私の実感です。もちろん例外はいますけどね。

自分も若い頃、海外留学したいけどお金がなくて、ワーキングホリデーに行こうか非常に悩んだ事があります。
結局行かなかったのですが、そんな訳で若い方々がワーキングホリデーに惹(ひ)かれるのは非常に理解できます。

けれども、皆さん、考え方がかなり甘いのではないでしょうか?
英語の話せない方がワーキングホリデーに行って一発逆転、英語がペラペラになって帰国、なんて夢見ている気がするのですが(^^;
自分は正直、ワーキングホリデーに行って英語が流暢(りゅうちょう)になって帰ってきた方をほとんど見たことがないのです。

実は当校の説明会にも「昔ワーキングホリデーに1年行っていました」って方が時々来ます。
「1年も海外に滞在していて何でうちみたいな初心者専門の英会話学校に来るのだろう?」って最初の頃は思っていたのですが、最近は驚かなくなりました。
中学レベルの基本的な英語すら怪しい方が大半なのです。

結局多くの方が、「海外に滞在すれば英語は自然に話せるようになるだろう」と考えて、あまり英語の勉強をせずに行っているのです。
中には、「日本で英語を勉強するより向こうに行った方が早い」という理由で、日本で全く英語の勉強をせず行く方も多いのです。

ワーキングホリデーでは、最初に3カ月語学学校に入るのが普通ですが、その程度では全然追いつきません。
結局、英語が話せないまま語学学校を卒業しますが、英語が話せないので日本人相手の土産物屋とか皿洗いとかしか仕事がありません。
そんな仕事をしても英語力が上達するわけもなく、最後は時間切れで日本に帰国、という訳です。

向こうに行けば現地の友達ができて自然に英語力が上達・・・などと期待する人も多いでしょう。
しかし英語が話せないというのは、コミュニケーションが取れないと言うことです。
コミュニケーションが取れない相手と友達になる、って難しくないですか?
現地の優しいネイティブが英語のできない自分の相手をして、手取り足取り英語を教えてくれる・・・って、かなり非現実的な空想なんですよ。

なのでワーキングホリデーに行くなら、事前にしっかり英語の勉強をしてください。
できれば英検2級、無理でも英検準2級くらいは取ってから行ってください。
現地に行ってから英語力の上達が全く違いますよ。

実は時々、ワーキングホリデーの斡旋(あっせん)業者から連絡がきて、渡航前の短期英語講座(大体3カ月)をやってもらえないか、と言われる事があります。
しかし当校では全てお断りをしています。
なぜなら、ワーキングホリデーに行く方の大半はほとんど英語を勉強していない方と言いましたが、3カ月の英語学習で現地で何とかなるレベルに到達するのはまず無理なのです。
病院が治療できない患者を断るのと同じです。

「英会話学校が生徒を断る」
これが意味するところを、ワーキングホリデーに行きたい方は、よく考えていただければと思います。