ネイティブの英会話レッスンはひょっとして有害なのか?

Beautiful woman with red hair at the sea. Fashiob photo
勉強

ネイティブ信仰と日本人の英語学習

日本人の多くがネイティブ信仰、すなわち「ネイティブと英語で話していたら英語を話せるようになる」というのを持っています。

だから今でもネイティブ講師の英会話レッスンは大人気です。昔は私も信じていました。

その後、自分の英語力が上がるに従って、「初心者がネイティブの英会話レッスンを受けるのは効果が少ない」と考えるに至りました。

そして、自分が英語講師になって年月が経ちましたが、最近では「初心者にネイティブの英会話レッスンはひょっとして有害なんじゃないか」と思うようになってきました。

 

当校は初心者専門の英会話学校で、生徒さんの多くは大人になってから初めて英語を学ぶという方が、大半です。だから他の英会話学校に行ったことが無い方が大半でした。ところが最近、学校の知名度が上がるに従って、他校からの転校が徐々に増えてきました。

それはそれで喜ばしいことなのですが、他校でネイティブの英会話レッスンを受けてきた生徒さんの多くが、英語力に大きな問題を抱えているのを見るようになって驚くことが増えました。

例を上げると、

  • 初歩的な英単語すら知らない
  • 基本的な英文法すら理解していない
  • 発音がおかしい
  • 英語のフレーズを間違って使う
  • 自信を持って英文を組み立てられない

そして最も驚くのが、その生徒さん達が今までお金や時間を散々使ってきたにも関わらず、英語力が全然伸びていないことなのです。

なぜネイティブの授業で英語力が伸びないのか

私は英語を話せるようになりたいと、ネイティブの先生がいる英会話学校に行きました。結論から言ってしまえば、私はそれで幾らか英語を話せるようになりました。だから私はネイティブの授業を受けて、正解だったと思っています。

ところが当時、同じ学校の生徒さんの中には何年も通い続けているにも関わらず、英語が滅茶苦茶な人達がいました。私は2年ぐらい通いましたがその間、彼等の英語力は全く伸びなかったのです。私はそれが不思議でなりませんでしたが、当時は理由が分かりませんでした。

その後、私は更に英語力を上げて、外資系企業に転職したのですが、そこでも不思議な経験をしました。

そこでは外国人が普通に一緒に働いていて、私の英語力は次第に上がっていきました。当然、同僚たちの英語力も上がって行きました。

ところが、その中にもやはり、何年経っても全く英語力が上がらない人達がいるのです。中には英会話学校に通って真面目に勉強までしているにも関わらず、英語力が伸びない人達がいたのです。

つまり、ネイティブと英語で話す環境にいながら、英語力が伸びる人と、全く伸びない人がいるのです。一体、何故そんなことになるのが不思議でした。

ネイティブの授業で効果がある人とない人

実は答は、分かってしまえば当然なのですが、ネイティブと英語で話していて英語力が伸びる人というのは、すでにある程度の英語力がある人なのです。

学生時代に英語を沢山勉強してきた人は、ネイティブと英語で話す経験を重ねると、次第に英語が話せるようになっていきました。ところが、学生時代に英語が苦手で敬遠していた人はそうはならなかったのです。

これはワーキングホリデーに行っても英語が話せるようにならない人が多いのを見れば理解できます。ワーキングホリデーに行く方の大半は、中学英語の知識も怪しい方が多いのです。

ワーキングホリデーに行っても英語はあまり上達しない

テニスを例にあげれば分かりやすいと思うのですが、ある程度の力がある人は、上手い人と練習試合をすれば、そこから様々な学びが得られるでしょう。しかし、そもそも相手コートにボールを返す事も出来ない人では、得られる学びは殆どありません。

ネイティブの英語の授業も同じです。彼等が幾ら英語を話しても、それを消化できるだけの英語力がなければ、そこから得られる学びは殆ど無いのです。

ネイティブは英語の教え方を知らない

更に愕然とする事実があります。

日本で英語を教えるネイティブの大半は、もちろん英語は流暢に話せますが、英語の教え方を知らないのです。だからテキストに沿って、授業を進めることしか出来ません。

更にネイティブ講師に、英語に関する質問をしても殆どまともな回答が返ってきません。何を聞いても「I don’t know.」です。その上、絶対に調べてきません。

英語の先生というからには、英語に対する詳しい知識を持っているものだと私は信じていました。だから、授業後、様々な質問をしましたが、講師の回答はいつも「I don’t know.」でした。「なぜ英語の先生なのに知らないの?」と、当時は怒りを超えて驚きですらありました。

当時は知らなかったのですが、実は日本で英語を教えているネイティブの大半は、旅行気分で日本に滞在しているだけで、生活費を稼ぐために英語を教えているのです。特に英語を教えたいという熱い想いを持って来日した訳でもなく、昔から英語の教え方を学んできた訳でもありません。大半のネイティブにとって英語を教えることは、生活費を稼ぐための割の良いアルバイトなのです。

ただでさえ初心者は、英語の基本的な知識もなく、どうして良いのか分からず英会話学校に来ているのに、英語の教え方もよく分からず、知識もない講師が、英語を話せるというだけで英語を教えているのです。

私はこの事を知った時にかなり驚きましたが、英会話学校の関係者なら誰でも知っている事実だったのです。

 

こんなこともありました。日本に住む外国人とある時話す機会があり、私が英語講師と知ると、自分も英語を教えたいから仕事を紹介してくれと言って来ました。理由を尋ねると、「給料が良いから。私の友人も結構稼いでいる。」と答えました。今まで英語を全く教えた経験が無いにも関わらずです。

他にも外国人講師と話していて、こちらが驚くような発言をたくさん聞きました。文法なんて関係ないと主張する先生、テレビやドラマをひたすら見ろという先生。まぁ、ありえないですね。

初心者がネイティブの授業で効果があるためには、それなりの英語の知識を事前に身に着けなければなりません。英文法、英単語、発音です。ネイティブには教えられないのです。

初心者にとってのネイティブ講師

様々な経験を通してネイティブ信仰から冷めた私でしたが、それでも「ネイティブに英語は教えられないが、英会話に慣れるには良い相手だろう」とは思っていました。

しかし、英語講師としてお会いする生徒さん達で、ネイティブの幾らか受けてから来る方々は大体こう言います。「ネイティブとの授業は楽しかったけど、英語力が上がっていく実感がわかなかった。先に日本人の講師から基本をきちんと学んでからの方が良いと思って来ました。」

大体そういう方は、中学の英語もよく分かっていないので、「確かにいきなりネイティブの授業はキツイだろうなぁ」と思っていました。

ところが、来られる方の中に次のような人が結構いるのです。「昔、英会話学校に行ったのですが、結局ついていけずに辞めてしまいました。」

つまり、初心者がネイティブの授業を受けた場合、挫折することが多いのです。それは当然なのですが、問題は、その後そのまま英語学習を諦めてしまう方が非常に多いのです。当校に来る方は、40代、50代の方が多いのですが、20代の頃に一度は英会話学校に行かれている方が結構いるのです。

英語はなるべく若いときにマスターした方が絶対に有利です。仕事の選択肢も広がりますし、条件の良い仕事も選べます。そして何より、交友関係も広がり、世界も広がります。だから若い時に英語に挫折するということは、そういった可能性を狭めてしまうのです。

多くの英会話学校がネイティブの英語講師を中心とした授業を行っています。ある程度英語力の有る方であれば、それらは有用な授業です。ですが、初心者がいきなりそういう授業を受けた場合、高い確率で挫折し、英語を習得したら得られるであろう可能性を失ってしまうのです。

人生に挫折はつきものです。そういった経験を乗り越えて人は成長するものだと私は考えているので、挫折自体が悪いことだとは思っていません。

しかし、英語の挫折経験って、人生に必要でしょうか?

そう考えると、「ネイティブ講師の功罪」の「罪」の部分を考えてしまうのです。

だから最近は、「初心者がいきなりネイティブの授業を受けることってむしろ有害ではないのか」と考えるように至ったのです。

英会話学校とネイティブ講師

英会話学校で数年働くと、目の前の生徒さんが、ネイティブ講師の授業で挫折するかどうかが分かるようになります。

なので残酷な言い方をすれば、英語力を見ればその生徒が数ヶ月で挫折して辞めていくことは、入学時に講師もスタッフも分かっているのです。でも売上を上げることが最重要な会社では、そんなことは口が避けても言えません。

夢を見せて入学させ、楽しい授業で少しでも長く引っ張るのが仕事なのです。最後は英語力が上がらず辞めていくことは事は想定内です。

仮に「幾ら通っても英語力が上がらない」というクレームが来たとしても、「だってあなたは十分な英語の家庭学習をしていませんよね?」って返します。さらには、「ではこの教材をやって下さい。○○万円です」と言えてしまうのです。

では挫折すると分かっていて、英会話学校は何故ネイティブ講師の授業をするのでしょうか。

理由は簡単です。生徒が求めているからです。最初に言ったように、日本の英会話学習にはネイティブ信仰がまだあります。だから、ネイティブの授業でないと、そもそも生徒が集まってこないのです。経営が成り立たないのです。

なお誤解のないように述べておくと、少なくとも現場の先生やスタッフは、基本的に善良な人ばかりです。日本人スタッフは英語が好きな人が多く、ネイティブ講師も善良な方が多いです。だから生徒さんに対しても親切な人が多いですね。

英会話学校と日本人講師

高校を卒業した日本人であれば、英検2級に合格するくらいの英語力がある「筈」です。なぜなら英検2級の定義が「高校卒業程度」なので当然なのですが。

そしてこの英検2級がネイティブの授業を受けて意味があるかどうかの大まかな境界線なのです。なので、高校を卒業すれば、それぐらいの英語力がある筈なので、本来であれば英会話学校に行って、ネイティブの授業を受けて構わないのです。

しかし、英会話学校に来る方で、そのレベルの英語力がある方はあまりいません。すると、挫折する可能性が一気に高まるのですが、そこで活躍するのが日本人講師です。

日本人講師であれば、日本語で解説できるので、挫折しにくくなります。ところがです。。。

多くの英会話学校では、日本人講師は基本的にネイティブと同じような授業を行います。ネイティブが使うテキストを使い、更には授業も英語で行う学校もあります。これだと何のために日本人が授業をしているのか分かりません。

日本人講師の役割は、生徒さんたちが、ネイティブの授業に参加してもついていけるレベルまで彼らの英語力を引き上げることだと思います。ネイティブ講師のモノマネ授業をやっても意味がありません。

さて、英語を始めとするヨーロッパの言語はもともと一つの言語が枝分かれしてできたので、基本的なところで通じるものがあります。だからヨーロッパでは数ヶ国語を話す人が多いのですが、それが大きな理由の一つです。

その中でも英語はシンプルな言語で、ヨーロッパの人にとって英語は習得が易しい言語なのです。だから、講師が英語を話す授業を行っても、生徒はついていくことが出来るし、しだいに慣れて英語が話せるようになっていくのです。

ところが日本語は、英語とはかなり文法構造が違う言語です。ヨーロッパの人を対象とした授業スタイルではついていくことが出来ません。言語体系、更には発音も大きく異なります。詳細は別の記事で解説しています。興味の有る方は参照して下さい。

日本人が英語の習得に苦労する3つの理由

こう考えると、日本人講師の役割は極めて大きいのです。文法の違いを日本語で説明し、発音の違いを日本語で説明し、生徒さんの疑問に日本語で答える。これはネイティブに真似できません。

だからネイティブはネイティブにしか出来ない授業を、日本人は日本人にしか出来ない授業をすべきなのです。

なぜ、英会話学校には英文法や発音の授業がないのか?

ここまで話を聞いた方であれば、「じゃあ、日本人講師に英文法や発音を教えさせる授業をやらせれば良いじゃないか」と当然思うでしょう。

でも問題があります。皆さんの中で、中学や高校で受けた英語の授業をもう一度受けたい方はいるでしょうか?

あまり、いないのではないでしょうか?

つまり、そのような授業をやっても生徒が集まらないのです。であれば、ネイティブ講師の授業を行って、楽しい授業で生徒を集めた方が良いだろう、ということになるのです。

なので問題に気づいた人はいるとは思うのですが、英会話学校自体に構造的な問題があり、ネイティブ講師の授業にせざるを得ないのです。

これが英会話学校で、挫折者が多くても、ネイティブ講師の授業が多い理由なのです。

結局、ネイティブの英会話レッスンは有害なのか?

私は、ネイティブの授業の良い所は、外国人相手に焦らなくなることだと思っています。普通の日本人は、目の前で外国人が英語で話し始めると頭の中が真っ白になります。でもネイティブの授業を受けると3ヶ月もすれば「慣れて」焦らなくなります。これはネイティブの授業の大きなメリットです。

ただ、焦らなくなるだけで、英語が上達する訳ではないのです。そして結局、多くの方が授業についていけなくなって挫折し、そして英語学習を諦めてしまいます。それがネイティブの授業の大きな問題点なのです。

なので有害かどうかは結局、生徒次第としか言いようがありませんが、有害になってしまう生徒がいるのは間違いありません。

日本人の英語学習は別のところにも書いたので、参考にして下さい。

【プロ英語講師が教える】英語勉強法