発音

発音の矯正はどうやるのか

きちんと学ぶべき 発音の厄介な所は、一度誤って覚えてしまうと、その発音を矯正するのが大変な事なのです。 例えば、日本で英語の試験を受けても、発音が問題になることはありません。だからかなり英語の出来る方でも、正しく発音できないこと...
勉強

発音の勉強をどうやるのか

教材を正しく使うべき 日本で英語を勉強していて一番難しいのは発音の勉強です。 カーディムでも授業でよく発音を取り上げて練習します。特に発音は音読とセットでやることが多いですね。発音と音読は相性が良いのです。 ですが、も...
勉強

中学英文法の勉強の仕方

このサイトをご覧になっているということは、おそらく皆さん、自分はまだ中級者のレベルに達していないとお考えのことと思います。 ではどうやって中級者に辿りつくか。やることは正直たくさんあります。 今まで大人の初心者をずっと教え続けた経験から...
勉強

高校英単語の勉強の仕方

受験向け英単語帳がおすすめ 中学英単語を終了したら高校英単語です。 とりあえずセンター試験レベルを目指して下さい。そのためには約2000語を新たに覚えねばなりません。このレベルになると、それなりに文章も読めるようになっているでし...
勉強

中学英単語の勉強の仕方

中学性向けの英単語帳がおすすめ おそらく皆さん、英単語帳って嫌いですよね? でもあえて、言います。英単語帳をやって下さい。 理由は効率が良いからです。知らない単語ばかりの単語帳をやるのはお勧めしません。もし皆さんが知らない...
勉強

英単語の覚え方

英単語の覚え方は2つある 英単語の覚え方には大きく2種類あって、常に議論となっています。 その2つとは、 ・単語帳で覚える ・文章で覚える 単語帳で覚えることの長所は、覚えるべき単語が並んでいるので効率良く反復練習が出来る...
勉強

発音の勉強は必要なのか

発音はある程度は学ぶべき 英語の発音をマスターすることは日本人としては大変なことです。 同じネイティブでもアメリカ人、イギリス人、オーストラリア人、カナダ人などみんな違います。また、実際には英語を使っているのはネイティブではない...
勉強

英文法は必要なのか

英文法は超重要 最近の風潮でおかしいのが、「英文法を意識せずにどんどん英語を話しましょう」というものです。日本語と違って、英語は特に語順が重要です。最初は英文法を意識しながら英語を話し、慣れたら段々意識しなくても話せるようになる、...
勉強

英単語はどれだけ覚えるべきか?

必要な英単語の数 英語を学ぶ上で、大変な事が英単語の暗記です。 ではどれだけ覚えるべきなのでしょうか? 一般的には以下です。 中学卒業までで約1,000語 高校卒業までで約3,000語 大学入試で約3000~5000語 T...
勉強

英語の基本は中学英単語と中学英文法

中学英語を見直そう 必ず学校英語が悪く言われます。 よく言われるのが「中学高校6年間も英語を勉強したのに全然話せるようにならない」というものです。 私たちは少し違うと思います。英語の基本は中学でかなり勉強しています。問題な...
勉強

日本人にとって英語はパズルゲームと同じ

英語はパズルゲーム 皆さん、英語は好きですか?あまり好きな人いないですよね?それではパズルゲームはどうでしょう? ジグソーパズルとかテトリスとかルービックキューブとか、やりませんでしたか?レゴブロックもある意味パズルゲームですよ...
勉強

どうすれば英語を話せるようになるのか

英会話が出来る人の頭の中はどうなっているのか? 英会話で初心者レベルを抜け出せずに苦労している人は多いと思います。英会話が出来る人がどうやって話しているのか説明します。 「英語を話す」という観点から英語力を見ると3つの階層があります...
勉強

日本人が英語の習得に苦労する3つの理由

なぜ日本人は英語に苦労するのか? 日本人は中学高校6年間も英語を学んだのに話せるようになりません。 だから学校教育に「改革が必要だ!」と叫ばれています。 もちろん学校教育にも問題はあるでしょう。 しかし、日本人が英語の習得に苦労する...
勉強

日本人の英語学習者がたどる道

皆さんが英語を学んでいくと、将来様々な悩みに遭遇するでしょう。そして何について悩むのか事前に分かっていると、心の準備が出来ます。ここでは、それらの悩みと対策を、一般に上級者と言われるところまで、3つに分けて説明します。ここではその3つを、初...
勉強

英語を学ぶ前に英語の学び方を学ぼう

英語を学び始める前に 英語学習は往々に迷路に入り込みます。 だから英語を学び始める前に、英語学習のありかたについて少し学んだ方が良いと思います。海外旅行に行く前にガイドブックを買って予習しますよね。そんな感じです。このサイトでも...
タイトルとURLをコピーしました