中学英文法の勉強の仕方

勉強

このサイトをご覧になっているということは、おそらく皆さん、自分はまだ中級者のレベルに達していないとお考えのことと思います。
ではどうやって中級者に辿りつくか。やることは正直たくさんあります。
今まで大人の初心者をずっと教え続けた経験から幾つかの事が言えます。

英語の基本は、英単語、英文法、発音の3つですが、大体みなさん、3つとも問題を抱えています。
今回は英文法に特化して説明しますが、必ず並行して英単語と発音も勉強して下さい。
どれも習得に時間が掛かるものばかりなので、順番にやっていくと人生が幾つあっても足りません。

さて、今回は英文法でも基本である、中学英文法の説明を行います。

自分に適した難易度の参考書をきちんと勉強する

実は中学英文法を勉強し直すのは結構大変です。
何故なら大人が受けられる中学英文法のクラスは殆どないからです。
よって、参考書での独学が基本になります。

そして参考書なのですが、実はいろいろと難易度や考え方が違うのです。
だから単に口コミで人気の高いものをやればいい、というのは結構失敗します。

ざっくり言って、中学英文法は難易度が3段階あります。
学年ごとに別れているというわけではありません。
同じ中学1年の内容でも難易度で3段階あるのです。

だから中学英文法の勉強で、よく見かける失敗は以下の2パターンです。

  • 中学英文法を最初からやり直す必要がある人が、本来なら難易度1(易)から始めるべきなのに人気の高い難易度3(難)の本に挑戦して挫折。
  • 難易度1(易)の中1からやり始めた方が、中3が終わった時、自分は中学英文法を終了したと思って高校英文法に進んで挫折。

英語学習の基本は螺旋階段

英文法の勉強のコツは、少し易しめから初めて、難易度を上げながら同じ範囲を繰り返すことです。
つまり、難易度1(易)の中1から中3をやったら、難易度2(中)の中1から中3を行い、最後に難易度3(難)の中1から中3を行うことです。
すると例えば、to不定詞も難易度を上げていきながら3回学ぶことになります。

言うなれば、螺旋階段を登っていくように、同じ場所をグルグル回りながら、高さだけが次第に上がっていくのです。

これは数学の勉強とはアプローチが異なるので、数学の得意な人は結構ハマりやすいのです。
数学は前から順番に、内容をしっかり理解しながら土台を固めていくので、この手の人は、例えばto不定を完全に理解できるまで次に進もうとしません。
そして「分からない、分からない・・・」と悩んでいます。
私の生徒にもこのタイプの方が結構います。😅

英語の場合は、先で学ぶ内容が分からないと今学んでいる内容がより深く理解できないことがよくあるのです。
学ぶ内容によってアプローチは変えねばならず、英語は勉強のやり方が違うんです。

どんな本を使えばよいか

まず、中学英文法全体の構図を見渡すなら、以下の本がオススメです。

安河内哲也の7日間で「中学3年間の英語」復習講義スーパーCD付き

1470円

難易度1(易)
最初に中学英文法の全体像を把握するのにオススメです。
この本は口語調で書かれており分かりやすく、中学英語の基本を学べます。読みやすくて分かりやすいと生徒さんにも好評です。さらにこの本の良い所は、チェックテストのPDFが付いているのです。これは時々、生徒さんにもやってもらっています。これをやってもらうと、中学英文法のどこを理解していないのかがよく分かります。弱点が分かるのです。是非皆さんも挑戦してみて下さい。これで間違えた所があったら、そこが皆さんの弱点です。本の該当箇所をよく読み直してみて、それでも分からなければ、英語に詳しい人に聞いて下さい。このチェックテストで何故間違えたのか理解できないと、そこが将来間違いなく壁になります。

そして更に進んで、独学で勉強されるなら、以下の3冊のいずれかが良いと思います。

くもんの中学英文法―中学1‾3年 基礎から受験まで (スーパーステップ)

1260円

難易度2(中)
この本は日本人が中学英文法でよくつまずく所が上手くまとまっています。一通りやると中学英文法の良い復習になると思います。
ただ難点は、問題があまりないので、スルスルと終わってしまうけど、自分が理解できたかどうかが分かりにくい所です。
別途、問題集で確認すると良いと思います。

上記が終わって余裕があれば以下に挑戦。

Mr. Evineの中学英文法を修了するドリル

1785円

難易度3(難)
この本は、上の本達に比べると、明らかに大人の学習者向けです。中学英文法からやり直したい方を対象としている分、とっつきやすくもあります。
この本で評価するのは、文型や文法用語をあえて入れていることです。文型や文法用語を除いた初心者向けの本は最近増えましたが、それらを省くと、とっつきやすくなる反面、その後の勉強で困るのです。つまりレベルが上っていろんな本に目を通すことになるのですが、文型や文法用語が出てきた時に理解が困難になるのです。そのため私たちの授業でも、生徒さんの将来を考えあえて文型や文法用語を使っているのですが、この本はそういった理由からも薦められます。
ただ難点は、この本は意外に難しいのです。Amazonでも評価が高いのですが、おそらく多くの方が挫折している筈です。
大学受験で英語も必死に勉強したことがある方であれば、いきなり挑戦しても良いですが、「中学で英語は挫折しました」っていう方は、他の参考書から始めて、この本は中学英文法の仕上げに使って下さい。


他にも一応参考にあげます。

CD付 英文法 これが最後のやり直し! (DHCライブ講義シリーズ)

1260円

難易度2(中)
いまやNHK「テレビで基礎英語」で有名になった田尻悟郎先生の著書です。
この本のスタンスは、文型や英文法用語を極力使わずに英語の文章をつくれるようになろう、ということで、英文法用語は使わずに英作文を教えています。文法用語を使わない点で、私たちの考え方とは離れています。
しかしです。この本、1200円と安いにもかかわらず、講義CDが3枚も含まれているのです。独学で英文法の本を読むのは大変な事ですので、講義CDが付いているものは大変歓迎すべきことです。実際にCDをすべて聴いてみましたが、分かりやすいと思います。
よって、私たちの考え方とは異なりますが、独学で中学英文法を学び直したい方にこの本は薦められます。


上記はあくまで参考です。実際には本屋さんに行って、中身を見た上で自分にあいそうなものを使って下さい。
コツは、最初は学年が分かれていて薄いものを使うことです。
分厚いのは心が折れます(笑)

私たちは市販の教材は殆ど一通り購入して検証しました。
その中で、上の本独学に向いていると思います。

自分が中学レベルの英文法をやる必要があると思っている方は、上の本を書店で確認してみて下さい。

以上、参考にしてみて下さい。

Yasu

英会話カーディム講師。元外資系エンジニアでMBA保持。英語の体系に詳しく、日本人が効率良く英語を習得する方法を日々研究しています。楽しく分かりやすい授業がモットーです。初心者でお困りの方は是非お越し下さい。(^^)

英会話カーディム