約3年お世話になったカーディムをこの度卒業することになりました

Mさん(50代)

先日英検2級を合格。そして試験結果は「英検準1級レベル」と判定されました。本人の希望で名前と写真は掲載しておりません。この春、当校を卒業。

★略歴(今までの英語との関わりなど)
高校までは授業、受験のための英語を勉強したのみで大学は国文科。その後も仕事・生活の中で全く英語と関わりのない数十年を過ごしていました。

★なぜ英語を学ぼうと思われたのですか?
もともと英会話ができたらいいな・・と漠然と思っていたのですが、2020年の東京オリンピックが決まり、ぜひ何らかの形でボランティアに参加したいと強く思ったことがきっかけです。そのために英語・英会話を学んで、少しでも英会話ができるようになりたいと思いました。
また、人生も後半戦に入り、自分のペースで学べて趣味にもなるような何かを持ちたい、それを英語にしたいと思ったからです。(趣味にするには私にはハードルが高かったですが・・)

★なぜカーディムを選ばれたのですか?
始めは仕事もあるため自分で基本から勉強してみようと思いました。なにしろ30年近く英語から離れていたので、中学英語から復習しようと。ですが、あまりに英語から離れすぎていて、わかることもあれば全く忘れてしまっていることもあるなど、何を何処から始めればいいのかと勉強が進みませんでした。
そこで一念発起し、大人向けに基礎から英語を教えてくれる教室はないかと探していてカーディムのHPに出会いました。(運命です!)

★実際に通ってみていかがでしたか?
文法・単語・発音・英作文を基本から学び、それらを間隔を置きながら何回も繰り返すことで知らぬ間に自分の身になっていきました。又、負担にならない程度のホームワークもあり、毎日なにかしら英語に触れていたように思います。
どんな勉強もそうだと思いますが、英語もなるべく日々触れる機会を持ち、何度も繰り返すことで身に付いていくことを実感しています。
又、先生方は皆明るく熱心で英語を教えるということに本当に熱い情熱を持っておられます。
私に合った教材や書籍を選んで頂いたり、折に触れてカウンセリングやアドバイスを頂いたりと本当にお世話になりました。
カーディムでなければここまで英語を続けてこられなかったと確信しています。

★今後の目標はなんですか?
約3年お世話になったカーディムをこの度卒業することになりましたが、当初の目標どおり東京オリンピックのボランティアを目指して会話の練習を続けていきたいと思っています。
そしてその先には、この学びを活かしてボランティアのツアーガイドを目指していけたらと思っています。

カーディムを検討されている方に何かメッセージをお願いします。
何かを始める時、一歩踏み出すことはとても勇気のいることですが、英語を基礎から学びたいと思っている方はぜひカーディムの扉をたたいてみて頂きたいと思います。
3年前、期待と不安の入り交じった気持ちで池袋の教室を訪ねましたが、そこには英語への情熱を持った先生方と温かな空間が待っていました。
カーディムの名前の由来であるCarpe diem(今この時を人生の中で充実した時間にせよ)。
カーディムはそのような時間を過ごせる教室だと思います。

講師のコメント

Mさんが約3年前来られた時、簡単な英語なら読めるけど、書くことは簡単な英語ですら厳しいという英語力でした。一般にボランティアガイドでも英検2級程度の英語力は必要です。そして簡単な文章すら組み立てられないというのは、簡単な文すら話せないという意味で致命的でした。

しかしMさんは真面目な方なので、毎週の宿題や他の課題もきちんとこなし、短期間で英語力を着実に伸ばしていきました。そして簡単な英語どころか、難しい英語も正しく言えるようになっていったのです。そこで途中から、実践的な練習がそろそろ必要と判断し、オンライン英会話を利用して、会話練習を始めて頂いたのです。

ところがここでMさんは挫折しかけます。真面目な性格が幸いして英語の勉強では順調に力を伸ばしてきたのですが、会話練習では逆に仇となり、完璧を求めるが故に外国人との会話練習が次第に苦痛となってしまったのです。

そこで急遽カウンセリングを行い、「今のMさんに必要なのは、正しく話そうとする事ではなく、間違えても良いから会話量を増やして、実践経験を積む事」であることを説明し、予習復習しなくても出来る授業スタイルに切り変えて回数を増やして頂くようお願いしました。その結果、精神的な負担が減り、会話練習量が増えたMさんの英語力はまた上達していきました。

そして2018年1月、英検2級を受験して結果を見ると、2級どころか準1級レベルを超えているという判定結果でした。これは当校の目指す初心者卒業どころか、もう上級者の仲間入りです。

(英検準1級というのはTOEIC換算で約800、文科省が全国の中学高校の英語講師に取得目標として課していますが、実際に取得しているのは高校の先生で約60%、中学の先生で約30%という試験です。また大手英会話学校の英会話講師の応募基準でもあります)

ここまで英語力を伸ばしたら、もう初心者に戻ってくることはありません。卒業しても大丈夫です。そこで卒業を前に、卒業後の選択肢がボランティアガイド以外に少なくても2つあることをお伝えしました。一つは、英検準1級をこのまま取得して英語講師の道を歩み始めること、そしてもう一つは、ボランティアガイドではなくプロの通訳ガイドの道を歩むことです。当初希望したボランティアガイドは、オンラインでの会話練習を続けると共に、実践での経験を詰めば、特に問題ない旨お伝えしました。

英語講師としてこんな誇らしい事はありません。初心者から抜け出せず苦しむ方々を助けたいと思って始めた学校ですが、中級者どころか英語講師を目指せるレベルまで育ってくれました。Mさんには逆に感謝の気持ちで一杯です。今後の活躍が本当に楽しみです。