私、自分の友達にも絶対ここがいい、って言ってるんですよ!

あゆみ様(女性)

海外に行く機会があり、英語を話せるようになりたいと入学して約3年。当初は中学レベルの英作文も出来ず、単語力も全然なく苦しまれていました。しかし既にこの方は中級者レベルに達し、いつこの学校を卒業しても良いレベルまで来ました。

講師ヤス:本日は体験談インタビューということでありがとうございます。まず、この学校に来るまでの英語の学習体験を教えて頂けますか?

あゆみ:私は学生時代、英語の勉強をしてこなかったんです。それは何故かというと、ほぼ中学までしか勉強していなくて、美術高校だったので英語の授業数も少なく機会がなかったです。それに意識は美術の方に向いていたので、高校に入ってから英語は殆ど勉強していない状態でした。それが40歳ぐらいで、再び英語を勉強したい、というきっかけがあったんです。

ヤス:きっかけとは?

あゆみ:仕事でシカゴに行った事です。
だから二回目に行くときは、少しでもコミュニケーションを取れるようにと思って少しずつ勉強を始めました。1年近く前から自分では頑張ったつもりだったのですが、それでも向こうに行ったら何言ってるかさっぱり分からないし、何も答えられないんです。アメリカの方との打ち合わせが数日あったのですが、全然駄目でした。それで帰ってきて、英会話学校を探したのです。

ヤス:それでここを見つけたのですね。何故カーディムに入ろうと思ったのですか?

あゆみ:ホームページを見たら、色んな事がものすごい親切丁寧に沢山書いてあったんです。

ヤス:すいません分量が多くて。

あゆみ:(笑)
それがとても親切だと思ったのです。実際、どうやって英語を勉強して行けば良いか分からない人達が沢山いるわけじゃないですか。中学レベルの文法の本でも、本によって内容が全然違います。色々な本がありすぎて、どの本が自分に合ってるのか分からないし、そういったこともサポートしてくれると書いてありました。とにかく親切だと思ったのです。この通りに行けば、何とか成るんじゃないか、と思わせてくれました。

ヤス:頑張って書いた甲斐がありました。(笑)

あゆみ:はい。(笑)
実は今、昔に比べて、英語が面白いんです。だから逆に、早く話せるようになりたいという気持ちが薄れてきているんです。今やってる勉強は、どうせ数年後には自分の英語力の基礎になっていると思うので焦りがないんです。

ヤス:お話を聞いていると、当初と比べて目標が大きくなっている気がするのですが?

あゆみ:なっています。(笑)
なんか今、英語の勉強をやめる気がしないんです。もうライフワークになっています。

ヤス:このまま行くと、英語の先生ですね。(笑)

さて、昔はシカゴに行っても全然英語が話せないと言っていましたが、先日シカゴに行かれた時はとても楽しかったと言っていましたよね?

あゆみ:楽しかったです!
以前は英語で話しかけられると耳を塞ぎたい気持ちになりましたが、おしゃべりも出来ましたし、間違いながらも意志の疎通ができたと思います。

初めてアメリカを一人で移動した時は、税関で相手が何を言ってるのか分からなくて黙っていたら、すごい怪訝な顔をされたんです。その時はたまたま日本人がいて助けてくれましたけど。

でも今は、相手が言ってることが大体分かるし、言いたい事も言えるになりました。
先日も、「中には何が入っているのか?」とか「カバンを開けてもいいか?」とか言われて、一緒にいる人たちに、こういうこと言ってるよ、と通訳できるようになりました。

ヤス:ちょっと待って下さい。他の方に通訳してあげたのですか?!

あゆみ:いえ、そんな大したものじゃないんですけど。(笑)
ドイツに一緒に行った仲間の一人のカバンが税関で引っかかったんです。
で係員がその子に話しかけているんですけど、その子がキョトンとしていて。
だから、そこに行って、係員が何と言っているのか通訳してあげたんです。
という具合に、今ではそんなことも出来るようになりました。

ヤス:すごいですね!上達されましたね~。

先程もシカゴが楽しかったと言っていましたが、昔と比べて違いますか?

あゆみ:それは昔と比べたら全然違いますよ。(笑)

この学校では、次はこの参考書、次はこの参考書、って導いて下さったじゃないですか。それがなかったら、おそらく何をしたら良いのか分らなかったと思います。指示された教材をやっていると線路の上に乗って前に進んでいる安心感があるんです。それを終えていく達成感もありました。

あとものすごい励みになるのが、勉強時間を付けることです。
(カーディムでは希望者には勉強時間記録表をつけてもらっています)

最初からきちんと付けているので、それが増えていくのが自分にとっての大きな励みになっています。最初の頃は1日1時間勉強したら、今日はよくやったと思っていたのですが、最近は1時間だとヤバイって思うようになりました。私みたいなのは特殊すぎて参考にならないかもしませんね。(笑)

ヤス:いえ、色んなタイプの方がいますから大丈夫ですよ。(笑)

あゆみ:結局ここまで来れたっていうのも、導いてくれたからだと思っています。

ヤス:ありがとうございます。では最後に他の方に何かメッセージはありますか?

あゆみ:私、自分の友達とか、英語を勉強したいという人がいると、絶対ここがいいからって言ってるんですよ!回し者か?!という位に言っているんです。(笑)

というのは、英語を勉強していて、英文法が大切だと、段々わかってきたんです。
どうせ勉強するなら、正しい事を勉強した方がいいじゃないですか。この学校は英文法もきちんと教えてくれるし、何を勉強すべきかも教えてくれて、導いてくれます。

だから、本気で英語を勉強したい方には是非この学校をお勧めします。

ヤス:どうもありがとうございました(^^)

講師のコメント

当初、仕事で海外に言った時にコミュニケーションを取れるようになりたい、と言って来られたのですが、あゆみさんは頑張り屋さんで、もう既にそのレベルに達してしまいました。だからもう卒業しても大丈夫だよ、と言っています。

あゆみさんは本当に将来、英語の先生になっているかも知れませんね(^^)